マイルで得得 > ニュース・キャンペーン一覧 > ラウンジ情報 > この記事



2018年 1月25日

エールフランス航空:
パリ/シャルルドゴール空港
ターミナル2E/ゲートL
ラウンジをリニューアルオープン
(今回はソフトオープンで、夏にフルオープン予定)




パリのシャルルドゴール空港にあるエールフランス航空のラウンジが、リニューアル工事のため閉鎖されていましたが、部分的にリニューアルオープンしました。

詳細は以下の通りです。

●リニューアルオープン日
2018年1月25日

今回のリニューアルオープンは部分的で、全体の約3,200平方メートルのうち、約2,100平方メートルの部分がオープンしました。

残りの部分が全部リニューアルされてフルオープンするのは、2018年の夏に予定されています。

●リニューアルオープンしたラウンジ
ターミナル2E(ゲートL)
(非シェンゲン便・長距離便エリア)
エールフランス航空ラウンジ


シャルルドゴール空港のターミナル2Eは、主に非シェンゲン便(主に日本などの長距離国際線)が発着するターミナルになります。

ターミナル2Eは、ゲートが「K」「L」「M」の3つのサテライトに分かれており、今回はゲート「L」(サテライト3)にあるエールフランス航空ラウンジがリニューアルオープンしました。

ちなみに、ゲート「K」「L」「M」の全てのサテライトに、それぞれエールフランス航空ラウンジが設置されています。

エールフランス航空の日本行きの便は、基本的にゲート「K」「L」のどちらで出発します。

チェックインカウンターがあるのは、ゲート「K」のターミナルなので、出発ゲートが「K」の場合は、同じ建物にあるエールフランス航空ラウンジを利用します。

出発ゲートが「L」の場合は、「K」で出国審査した後、シャトルに乗り、ゲート「L」のサテライトまで移動した後、ゲート「L」にあるエールフランス航空ラウンジを利用します。

出発ゲートが「L」の場合、今回リニューアルオープンしたエールフランス航空ラウンジを利用することができます。

ちなみに、エールフランス航空の日本行きのほか、JALの羽田行きも、日によっては出発ゲートが「L」になることがあります。

●エールフランス航空のラウンジに入れる人

・エールフランス航空・ファーストクラス利用者

・エールフランス航空・ビジネスクラス利用者

スカイチーム加盟航空会社・ファーストクラス利用者

・スカイチーム加盟航空会社・ビジネスクラス利用者

・エールフランス航空・フライングブルーの上級会員(ゴールド以上)

デルタ航空・スカイマイルの上級会員(ゴールドメダリオン以上)

スカイチーム・エリートプラス会員


上記のラウンジ利用対象者は、パリ/シャルルドゴール空港から出発する時、エールフランス航空ラウンジに入ることができます。

ちなみに、これからエールフランス航空のエコノミークラスに乗る予定で、現在上記の上級会員資格がない方も、1回も飛ばずに、スカイチームのエリートプラス会員になれるので、エコノミークラス利用でも、エールフランス航空のラウンジに入ることができます。

上記のエールフランス航空ラウンジが、正式にフルオープンされ次第、改めて当サイトでご案内する予定です。

今回リニューアルオープンしたエールフランス航空ラウンジの様子は、以下の通りです。


© Air France


© Air France


© Air France



> ラウンジ最新情報・一覧へ

> サイトマップ(コンテンツ一覧)へ

> マイルで得得・トップページへ

※ このページの情報は2018年2月現在のもので、予告なしに変更されることがあります。