マイルで得得 > 裏技 > 海外旅行保険が永年無料


海外旅行保険をカードで永年無料にする裏技!


目次



海外旅行保険に入ると無駄?でも入らないと不安?


海外旅行に行かれる際、海外旅行保険には加入されますでしょうか?

「毎回必ず入る」

という慎重派の方もいれば、

「数日間の旅行中に病気や怪我をする可能性は低いから入らない」

と楽観的な方もいるかと思います。

保険に入る方は

「数千円の保険料を払ってでも安心を得たい」

という方だと思いますが、海外旅行に行く度に保険料がかかるのも事実です。

逆に、保険に入らない方は

「自分は病気は怪我はまずしない」
「今まで保険が必要になったことが一度もない」

などの理由があるはずですが、保険料を払う必要がないとはいえ、万が一の場合、すべて自己負担になってしまいます。なので、

保険に入る場合
毎回保険料を払う必要があり、何事もなく帰国するので、結局は保険料は無駄になってしまう

保険に入らない場合
旅行中は何となく不安になり、万が一の場合の医療費は自己負担

と、それぞれのデメリットがあるわけです。 しかし、
上のような両者のデメリットを(ある程度)解決できる方法があります

↑目次へ戻る↑


クレジットカード付帯の海外旅行保険を活用する


「保険に入っても活用することはないから、払う保険料が無駄になっている」

「保険に入らなければ保険料を払う必要はないが、万が一何かあった場合の出費が怖い」

という各デメリットに対して出来る対策があります。それは、

クレジットカードに付帯している海外旅行保険を活用する方法

です。

現在多くのクレジットカードには、海外旅行保険のサービスが付帯されています。

つまり、毎回わざわざ海外旅行保険に入らなくても、カード付帯の海外旅行保険を利用すればいいわけです。

毎回申し込む手間も省けますし、毎回数千円の保険料が浮くので節約にもなります。

ただし、海外旅行保険付きの、ほとんどのクレジットカードは年会費がかかるので、結局は、ある程度のお金がかかっているのが現状です

↑目次へ戻る↑


狙い目は、 海外旅行保険が付帯されている年会費永年無料のカード


「クレジットカード付帯だから、無料で海外旅行保険を利用できる」

と考えることもできますが、カード自体の年会費がかかるので、実際には、海外旅行保険にも間接的にお金を払っていることになります

そこで、できる対策が

年会費が永年無料になるクレジットカードに付帯している、海外旅行保険を利用する

という方法です。

海外旅行保険が付いているカードの場合、年会費が無料になるのは初年度だけのカードが多いのですが、実は、年会費が永年無料になるカードも中にはあるのです

つまり、
カード付帯の海外旅行保険も、永年無料で利用できるわけです

↑目次へ戻る↑


カード付帯の海外旅行保険には
「利用付帯」「自動付帯」の2つのタイプがある


年会費永年無料のカードに付帯している海外旅行保険を活用することにより、海外旅行保険も永年無料で利用できるわけですが、ここで、1つ注意が必要です。

それは、カード付帯の海外旅行保険は、

「利用付帯」「自動付帯」の2つのタイプがある

ということです。

自動付帯とは、言葉通り、

海外旅行代金の支払いに、そのカードを使わなくても、そのカード付帯の海外旅行保険が使えること

を意味します。

つまり、自動付帯のカードは、持っているだけで大丈夫なわけです。

逆に、利用付帯とは、

旅行代金(交通手段、航空券、パックツアー料金など)の支払いに、そのカードを使った場合のみ、カード付帯の海外旅行保険も利用できる

という意味になります。

つまり、旅行費の支払いに、他のカードを使ってしまうと、肝心な海外旅行保険が使えなくなってしまうのです。

このページの下で、海外旅行保険が付帯している複数枚のカードを掲載していますが、申し込むべき順番は、

1.自動付帯で補償額が高い

2.自動付帯で補償額が低い

3.利用付帯で補償額が高い

4.利用付帯で補償額が低い


となるわけです。


↑目次へ戻る↑



1番重視すべき補償は
傷害治療・疾病治療


例外もありますが、基本的にカード付帯の海外旅行保険で補償される項目は、以下の通りです。

障害死亡/後遺障害
傷害治療
 (乗降時に骨折した等)
疾病治療
 (脳梗塞で倒れた等)
個人賠償責任
 (店の商品を壊した等)
救援者費用
 (日本から家族が来る場合)
携行品損害
 (スマホを紛失した等)

この中で最優先にすべき補償は、ずばり

「傷害治療」「疾病治療」の2つ

です。

なぜなら、
これら2つは、命に関わる項目だからです

骨折したり大量出血しているのに、海外旅行保険に未加入・または補償額が低いという理由で、治療を受けないわけにいきません。

脳卒中や心筋梗塞などで倒れたら、自分で選ぶ前に、即病院行き決定です。半強制的に治療を受け、治療費が発生してしまいます。

なので、海外旅行保険が付帯している年会費永年無料カードを選ぶ際は、

「傷害治療」「疾病治療」の補償金額が高い順

で選ぶべきです。

「疾病治療」「傷害治療」の補償額が高い順の、年会費永年無料のカード一覧は、以下の5枚です。

●自動付帯●

1位!
エポスカード
疾病治療:270万円
傷害治療:200万円

2位!
横浜インビテーションカード
疾病治療:200万円
傷害治療:200万円
(横浜市に居住・通勤していなくても入会できます)

3位!
イオンSuicaカード
疾病治療:50万円
傷害治療:50万円

●利用付帯●

1位!
au PAY カード
疾病治療:200万円
傷害治療:200万円

2位タイ!
(カード入会時40歳以上の方)
三菱UFJ VIASOカード
疾病治療:100万円
傷害治療:100万円

2位タイ!
(カード入会時39歳以下の方)
(40歳以降も年会費は永年無料)
JCB W カード
疾病治療:100万円
傷害治療:100万円

↑目次へ戻る↑


補償額は合算可能。持っているカードが多いほど安心!


実は

・傷害治療
・疾病治療
・個人賠償責任
・携行品損害
・救援者費用

の各項目は、
上記全てのカードを合わせた額が適用されます
(死亡補償は合算されない)。

つまり、
理想は5枚全てのカードを保有した状態で、海外旅行に行くことになるわけです

全てのカードに入会した場合、疾病治療・傷害治療で補償される合計額は、以下の通りです。

カード 疾病 傷害
エポス 270万 200万
横浜 200万 200万
イオン
Suica
50万 50万
AU PAY 200万 200万
40歳以上
VIASO
/
39歳以下
JCB W
100万 100万
合計→ 疾病
820万
傷害
750万


つまり、上記5枚のカードを持っておけば、

疾病治療
最大820万円

傷害治療
最大750万円

と、それなりの金額になり一気に安心感が増します

↑目次へ戻る↑



利用付帯の場合、コツは
空港に向かう時にカードを使うこと


海外旅行保険が自動付帯になる

エポスカード
横浜インビテーションカード
イオンSuicaカード

の3枚は、海外旅行前に何もしなくても、自動で海外旅行保険が適用されます。

しかし、海外旅行保険が利用付帯になる

au PAY カード
三菱UFJ VIASOカード
 (40歳以上)
JCB W カード
 (39歳以下)

は、海外旅行に行く際、海外旅行にかかる費用(の一部)をカード払いする必要があります

具体的には

・搭乗する公共交通乗用具
・参加する募集型企画旅行


が対象になります。

例えば、パックツアーで海外旅行に行く時、ツアーの支払いに上記カードを使えば条件クリアになります。

個人旅行の場合も、海外への航空券代の支払いに、上記カードを使えば条件クリアになります。

(ちなみに、海外滞在先のホテル宿泊料金の支払いは対象外)

ツアー代または航空券代を払えばいいわけですが、海外旅行となると、行き先や内容にもよりますが、5〜10万円以上の支払いになることもあるわけです。

すると、

「金額が多めのツアー・航空券代は、マイルやポイントがたくさん貯まる他のカードで支払いたい」

という方も多いはずです。

そこで、ちょっとした裏技があります。実は、

搭乗する公共交通乗用具には、空港に向かうまでに利用する公共交通機関も対象になる

のです。

具体的には

・電車
・リムジンバス
・タクシー
・フェリー

が対象になります。

(レンタカーは対象外)
(カードでSuica/Pasmoをチャージしても対象外)

例えば、39歳以下の方で、パックツアー代または航空券代は、他のカードを使うとします。

海外旅行保険が利用付帯になる

・au PAY カード
・JCB W カード

は、空港に向かう途中、カード払いできる公共機関で使う必要があるわけです。

例えば、自宅の最寄り駅が八王子駅で、成田空港に向かう場合、

・au PAY カード
→JR中央線で八王子→東京までの乗車券を購入

・JCB W カード
→東京駅→成田空港までのリムジンバス乗車券を購入

のように、各カードを公共機関の乗車券の支払いに使えば、利用付帯の条件をクリアできるわけです。

(ちなみに、楽天カードでは、2021年より、空港までの公共機関は対象外になっているのでご注意ください。そのため、このページでも紹介していません)。

大阪でも1つ例を挙げてみます。

・au PAY カード
→JR線で高槻→大阪までの乗車券を購入

・JCB W カード
→大阪駅周辺→関西空港までのリムジンバス乗車券を購入

のように、各カードを公共機関の乗車券の支払いに使えば、利用付帯の条件をクリアできるわけです。

空港まで電車1本で行けてしまう場合、少し工夫が必要です。


例えば、最寄り駅が千葉駅の場合、JR線1本で成田空港まで行けてしまいます。そのような時は

・au PAY カード
→自宅→千葉駅までのタクシー料金を支払う

・JCB W カード
→千葉駅→成田空港までのJR乗車券を購入


のように、タクシーを組み入れることで、利用付帯の条件をクリアできます。

ただし、
郊外のタクシー会社になると、カード払い不可の会社も結構あるので、事前に確認が必要です。普段利用しない会社でも、カード払い可能な会社を選ぶ必要があります。

↑目次へ戻る↑



乗車券をカード払いできる鉄道会社・バス会社


空港までの移動でうまくカード払いをするには、カード払いできる鉄道会社・バス会社・タクシー会社等を選ぶ必要があります。

全国のJR在来線

JRでは特急券だけでなく、在来線の乗車券も、指定席券売機でカード払いで購入することができます。

例えば、日暮里からスカイライナーで成田空港に向かう場合、日暮里までのJR乗車券も、カード払いが可能です。160円のような少額でもOKです。

JR東日本だけでなく、この方法はJR北海道、JR西日本、JR九州でも可能です。

もちろん、在来線だけでなく、成田エクスプレスなどの特急券の支払いも対象になります。

京成スカイライナー

京成線の普通乗車券はカード払いできないのですが、スカイライナーの乗車券はカード払いが可能です。

スカイライナーに乗れる京成上野駅・日暮里駅では、窓口・自動券売機の両方で、カード払いが可能です。

小田急線

これはあまり知られていませんが、私鉄では珍しく、ロマンスカーなどの特急券だけでなく、乗車券も券売機でカード払いができるのです。

例えば、

・au PAY カード
→新百合ヶ丘→新宿までの小田急線の乗車券

・JCB W カード
→新宿駅→羽田空港までのリムジンバス

のような組み合わせが可能です。

小田急線沿いに住んでいる方は、ぜひ実践したい方法です。

南海電鉄 &
近鉄(近畿日本鉄道)


関西地方の上記2社は、私鉄でも乗車券をカード払いできる珍しい鉄道会社になります。

例えば、自宅の最寄り駅が近鉄の布施駅の場合

・au PAY カード
→布施→大阪難波までの近鉄線の乗車券

・JCB W カード
→なんば→関西空港までの南海電鉄の乗車券

のような組み合わせが効率的です。


多くのリムジンバス

電車だと、乗車券をカード払いできる会社は少ないですが、逆にリムジンバスだと、カード払いできる会社・路線が一気に増えます。

例えば、西武鉄道の乗車券はカード払い不可ですが、西武バスの成田空港・羽田空港行きのリムジンバスは、窓口等でカード払いが可能です。

鉄道系でカード払いが一切できないエリアに住んでいる場合は、

・au PAY カード
→自宅→最寄り駅へのタクシー料金

・JCB W カード
→羽田・成田へのリムジンバス

の組み合わせが主流になりそうです。

フェリー・高速船

利用者はかなり限定されますが、空港行きフェリー高速船も、カード払いで乗車券を購入すれば対象になります。

・神戸空港→関空
神戸-関空ベイ・シャトル

・津(三重県)→中部国際空港
津エアポートライン

兵庫県エリアから関空に行く場合、三重県エリアから中部国際空港に行く場合は、カード払い可能なフェリーも選択肢の1つになります。

↑目次へ戻る↑


カード払いOKでも、1日乗車券は対象外


普通乗車券はカード払いできなくても、1日乗車券・フリー切符(1日だけ乗り放題チケット)はカード払いOKという鉄道会社もあります。

1日乗車券・フリー切符のカード払いができる鉄道会社には

・東京メトロ
・都営地下鉄
・横浜市営地下鉄
・福岡市地下鉄
・ニューシャトル(埼玉県)
・近江鉄道 など

があります。

しかし、上記鉄道会社の1日乗車券をカードで購入しても、

「搭乗する公共交通乗用具」のカード払いとはならず、利用付帯の海外旅行保険は有効にならない

ので注意が必要です。

1日乗車券が対象外になる理由ですが、「運賃から利用区間を特定できないため」ということです。

↑目次へ戻る↑


新型コロナで海外旅行に行けない今は、カードを揃える絶好のタイミング


2020年頭に新型コロナの感染が拡大してから、しばらく海外旅行に行けない状態が続いていますが、2022年に入ってから、ワクチン接種済みの人は、現地の隔離なしで入国できる国が、少しずつ増えてきています。

日本帰国時にも、ワクチン接種済みの人に対して、PCR検査が不要になったり、自宅隔離が廃止されれば、海外旅行に行ける日は意外に遠くないかもしれません。

急に行けるようになるかもしれない海外旅行に備えて、日本から出られない今こそ、
海外旅行保険が付帯しているカードを準備しておく絶好のタイミングです

このページで紹介しているカードは全て年会費が永年無料なので、万が一、海外旅行に行けるのが2−3年後になってしまっても、
それまでの間、カード年会費が無駄になってしまう心配もありません

このページで紹介しているカードのうち、どれも持っていない方は、疾病治療・傷害治療の補償額が高いカードから、申し込まれることをおすすめします。

既にどれかのカードを持っている方は、持っていないカードの中で、疾病治療・傷害治療の補償額が高いカードから、申し込まれることをおすすめします。

↑目次へ戻る↑



海外旅行保険を永年無料にする手順


以下5枚全てのカードに申し込む場合は、一度に全てのカードに申し込むのではなく、1回目は2−3枚に抑えて、無事審査が通ったら、残りのカードに申し込まれることをおすすめします。

同日に5枚ものカードに申し込んでしまうと、「この人はお金に困っているのでは?」と判断されて、審査で不利になる可能性があるためです。


その1
補償内容
位!
エポスカードに入会する

年会費は永年無料

入会特典:2,000円分のポイントプレゼント!

●海外旅行保険の補償額
項目 保険金額
疾病治療 270万
傷害治療 200万
賠償責任 2000万
携行品損害 20万
救援者費用 100万

●上記の海外旅行保険は自動付帯



その2
補償内容位!
横浜インビテーションカードに入会する

年会費は永年無料

入会特典:カード利用分から値引きされるJデポ1,000円分プレゼント

●横浜市で居住・勤務していなくても入会できます

●海外旅行保険の補償額
項目 保険金額
疾病治療 200万
傷害治療 200万
賠償責任 2000万
携行品損害 20万
救援者費用 200万

●上記の海外旅行保険は自動付帯




その3
補償内容
位!
イオンSuicaカードに入会する
(通常のイオンカードは、付帯の海外旅行保険なし)

年会費は永年無料

●海外旅行保険の補償額
項目 保険金額
疾病治療 50万
傷害治療 50万
賠償責任 なし
携行品損害 なし
救援者費用 なし

●上記の海外旅行保険は自動付帯




その4
補償内容
au PAY カードに入会する

年会費は永年無料
(年1回のカード利用あれば、翌年の年会費も無料)

●海外旅行保険の補償額
項目 保険金額
疾病治療 200万
傷害治療 200万
賠償責任 2000万
携行品損害 20万
救援者費用 200万

●上記の海外旅行保険は利用付帯
(ツアー・航空券のほか、空港へ向かう時の電車・バス・タクシー・フェリーも対象)



その5
補償内容位タイ
39歳以下の方
JCB W カードに入会する
2022年3月31日まで入会すると
1,500円分Amazonギフト券プレゼント!

40歳以上の方
三菱UFJ VIASOカードに入会する

年会費は共に永年無料

●海外旅行保険の補償額
項目 保険金額
疾病治療 100万
傷害治療 100万
賠償責任 2000万
携行品損害 20万
救援者費用 100万

●上記の海外旅行保険は利用付帯
(ツアー・航空券のほか、空港へ向かう時の電車・バス・タクシー・フェリーも対象)




その6
利用付帯である
au PAY カード
JCB W カード
三菱UFJ VIASOカード
は、以下のどれかの支払いに利用する
・パックツアー料金
・航空券
・空港までの交通費
(レンタカーを除く)



その7
上記5枚のカードを常備しておくことにより、以下の補償内容の海外旅行保険料が、永年無料になります
(将来、補償金額の増減がされる可能性もあります)
項目 保険金額
疾病治療 合算で
820
傷害治療 合算で
750
賠償責任 合算で
8000
携行品損害 合算で
80
救援者費用 合算で
600



その8
海外旅行に行く時は、各カード会社の現地の緊急連絡先の控えを持参する

●スマホの故障/充電切れなどのケースも考えられるので、紙のメモを持参されることをおすすめします

●緊急連絡先の電話番号は不定期に変わるため、こちらでは掲載していません

●緊急連絡先は、各カード会社の公式サイトに掲載されています

●どこか1社の緊急連絡先のオペレーターに話す時、他にも海外旅行保険が付帯しているカードを持っていることを伝えます

となります。


↑目次へ戻る↑

> 裏技・一覧へ

> サイトマップ(コンテンツ一覧)へ

> マイルで得得・トップページへ

※ このページの情報は、予告なしに変更されることがあります。