マイルで得得 > 各マイレージプログラムの詳細 > アメリカン航空・アドバンテージ > 上級会員制度



アメリカン航空
アドバンテージ:
上級会員制度


※ このページでは、アメリカン航空・アドバンテージの上級会員制度をまとめています。

※ 2022年より、ロイヤリティポイントを採用した、新しい基準システムが採用されています。

※ 上級会員のルール・特典等は、航空会社側により、予告なしに変更されることがあります。





目次(このページの内容)


上級会員レベルの一覧

(上が1番なりやすいレベル、下が1番難しいレベル)

ゴールド会員
(Gold)

プラチナ会員
(Platinum)

プラチナプロ会員
(Platinum Pro)

エグゼクティブプラチナ会員
(Executive Platinum)
 ↑目次へ戻る↑

ゴールド
会員になるための条件

ロイヤリティポイント
Loyalty Points
30,000


2022年より、上級会員資格取得対象マイル数(EQM)、上級会員資格取得対象ドル(EQD)、上級会員資格取得対象飛行区間(EQS)が廃止され、会員資格の評価基準が、
Loyalty Points
(ロイヤリティポイント)
1つだけになりました。

↓Loyalty Pointsの計算方法はこちら
 ↑目次へ戻る↑

プラチナ
会員になるための条件

ロイヤリティポイント
Loyalty Points
75,000


2022年より、上級会員資格取得対象マイル数(EQM)、上級会員資格取得対象ドル(EQD)、上級会員資格取得対象飛行区間(EQS)が廃止され、会員資格の評価基準が、
Loyalty Points
(ロイヤリティポイント)
1つだけになりました。

↓Loyalty Pointsの計算方法はこちら
 ↑目次へ戻る↑

プラチナプロ
会員になるための条件

ロイヤリティポイント
Loyalty Points
125,000


2022年より、上級会員資格取得対象マイル数(EQM)、上級会員資格取得対象ドル(EQD)、上級会員資格取得対象飛行区間(EQS)が廃止され、会員資格の評価基準が、
Loyalty Points
(ロイヤリティポイント)
1つだけになりました。

↓Loyalty Pointsの計算方法はこちら
↑目次へ戻る↑

エグゼクティブプラチナ
会員になるための条件

ロイヤリティポイント
Loyalty Points
200,000


2022年より、上級会員資格取得対象マイル数(EQM)、上級会員資格取得対象ドル(EQD)、上級会員資格取得対象飛行区間(EQS)が廃止され、会員資格の評価基準が、
Loyalty Points
(ロイヤリティポイント)
1つだけになりました。

↓Loyalty Pointsの計算方法はこちら
↑目次へ戻る↑

Loyalty Pointsの計算方法

2022年より、資格認定期間は、今までの1暦年(1月〜12月)から、
「3月1日〜翌年2月末」
に変わりました。


ただし例外的に2022年限定で、2022年1月2月に獲得したLoyalty Pointsも加算対象として計算されます。

●計算方法●
獲得マイル 1マイル
ll
Loyalty Points 1ポイント

計算方法は単純で、1マイル=1ポイントとして計算されます。
 ↑目次へ戻る↑

Loyalty Points対象になるマイル

以下の方法で獲得したマイルのみ、Loyalty Pointsとしても対象になります。

●フライト●
・アメリカン航空
・JAL
・ワンワールド加盟航空会社
・ジェットブルー航空
・ゴル航空
(上記航空会社搭乗で獲得したマイル数が、そのままLoyalty Pointsとしても計算されます)

●地上●
・AAdvantage ダイニング
(アメリカ国内の提携レストランでの飲食)

●クレジットカード●
・世界中のアドバンテージ提携クレジットカード
(日本では、2021年をもって、唯一のアドバンテージ提携カードであった、
りそなアドバンテージカード
が終了しているので、現在、日本では対象のクレジットカードはありません)

(Amexマリオットカードのポイント交換で獲得したマイルは、Loyalty Pointsの対象にはなりません)
 ↑目次へ戻る↑

Loyalty Points対象にならないマイル

以下の方法で獲得したマイルは、Loyalty Pointsとして対象にはなりません。

●フライト●
・中国南方航空など、対象外になる航空会社

●クレジットカード●
・Amexマリオットカードなど、直接アメリカン航空マイルが貯まらないカードで、ポイントから交換して貯めたマイル

●提携ポイント●
・ネットマイルを含む、ポイントサイトなどから交換したマイル
 ↑目次へ戻る↑

Loyalty Pointsは、翌年度に繰り越しできる?

不可
 ↑目次へ戻る↑

上級会員の有効期限
(上級会員になれる期間)

条件達成時から、
翌々年の3月末まで


例えば、2022年3月〜2023年2月中にプラチナ会員になると、2024年3月末までプラチナ会員資格は維持されます。

2023年3年〜2024年2月の間に、プラチナ会員になるための条件を満たせなかった場合、2024年3月末をもって、プラチナ会員資格は失効します。
 ↑目次へ戻る↑

上級会員限定のボーナスマイル

↓ゴールド
40%
↓プラチナ
60%
↓プラチナプロ
80%
↓エグゼクティブプラチナ
120%


上級会員は、以下の航空会社に乗ると、ボーナスマイルが加算されます。

・アメリカン航空
・JAL
・ブリティッシュエアウェイズ
・キャセイパシフィック航空
・キャセイドラゴン航空
・フィンランド航空
・イベリア航空
・LATAM航空
・マレーシア航空
・カンタス航空
・カタール航空
・ロイヤルヨルダン航空

S7航空など、一部のワンワールド加盟航空会社は含まれていないのでご注意ください。
 ↑目次へ戻る↑

ワンワールドのエリートステータス

↓ゴールド
ルビー
↓プラチナ
サファイア
↓プラチナプロ
サファイア
↓エグゼクティブプラチナ
エメラルド

注目情報
アメリカン航空/ワンワールドの上級会員にならなくても、羽田・関空・中部にある、JAL国際線サクララウンジに入れる裏技
 ↑目次へ戻る↑

空港ラウンジの利用資格

↓ゴールド
入れない
×
↓プラチナ
入れる
↓プラチナプロ
入れる
↓エグゼクティブプラチナ
入れる


ゴールド会員は、ワンワールドの「ルビー」資格に相当するため、アメリカン航空のほか、JALなどワンワールド加盟航空会社に乗る時、ラウンジには入れません。


プラチナ会員、プラチナプロ会員、エグゼクティブプラチナ会員は、ワンワールドの「サファイア」「エメラルド」資格に相当するため、アメリカン航空のほか、JALなどワンワールド加盟航空会社に乗る時も、ラウンジに入れます。

注目情報
アメリカン航空/ワンワールドの上級会員にならなくても、羽田・関空・中部にある、JAL国際線サクララウンジに入れる裏技
 ↑目次へ戻る↑

会員証カードは届くのか?送られるのか?

↓ゴールド
NO
郵送されない
↓プラチナ
NO
郵送されない
↓プラチナプロ
YES
郵送される
↓エグゼクティブプラチナ
YES
郵送される
 ↑目次へ戻る↑



> アメリカン航空・アドバンテージの徹底ガイド・トップへ

> マイレージプログラムの一覧・トップへ

> サイトマップ(コンテンツ一覧)へ

↑ 目次へ戻る

> マイルで得得・トップページへ