マイルで得得旅行記 > この旅行記

旅行記 (2011年04月)
バンコク空港・タイ国際航空ロイヤルシルクラウンジ訪問記(設備・サービス編)


バンコク旅行記(マッサージ&食事編)」の続きです。

バンコクから日本へは、タイ国際航空のビジネスクラスでバンコク→ソウル、アシアナ航空のビジネスクラスでソウル→成田と戻りました。

この旅行記では、バンコク空港で利用した、タイ国際航空のビジネスクラスラウンジである「ロイヤルシルクラウンジ」をレポートいたします。

専用チェックインカウンター&出国手続きでスムーズにラウンジへ

バンコク空港・チェックインカウンターの地図

バンコク空港・出発ロビーのマップです。タイ国際航空のビジネスクラスカウンターは、一番左のWカウンターになります。タクシーで空港に来る時は、一番手前で降りればWカウンターの近くになります。

バンコク空港・タイ国際航空のビジネスクラスカウンター

タイ国際航空のビジネスクラス専用チェックインカウンターです。このように、荷物を運んでくれるベルボーイのような人たちがいました。

ただし、私の荷物は運んでくれずに、マイペースに会話をしていました。私のすぐ後ろの乗客も自分で荷物を運んでいました。こちらから頼まないとしてくれないサービスなのでしょうか。

タイ国際航空のビジネスクラスカウンターにあるソファー

チェックインカウンター前には、このようなちょっとした椅子がありました。高齢者にはうれしいサービスだと思います。と言いつつ、私も座ってしまいましたが(笑)。

ビジネスクラス客用のラウンジ紹介状

搭乗券と一緒に、このような「Lounge Invitation」と書かれたラウンジ招待券も渡されました。

タイ国際航空のラウンジへ続くエスカレーター

ビジネスクラス乗客専用の出国手続きカウンターを抜けると、このようなエスカレーターがあり、ロイヤルシルクラウンジまですぐ行けるようになっていました。



エスカレーターのすぐ横に、このような注意書きがありました。まとめると、「スターアライアンス系マイレージプログラムのゴールド会員は、コンコースCまたはEにあるラウンジを利用してください」という内容でした。

エスカレーターで行くラウンジはコンコースDにあり、このラウンジは純粋なビジネスクラス・ファーストクラスの乗客に限定されるということです。

今回、私は特典ですが一応ビジネスクラス利用だったので、このコンコースDのラウンジを利用できましたが、ゴールド会員の方は別のラウンジに行く必要があるようです。ご注意ください。

細長いスペースで、落ち着いた空間



ロイヤルシルクラウンジに入りました。このような細長い空間になっていて、高級感のある雰囲気になっていました。



少し奥に進んでも、まだまだ細長い空間が続いていました。



リラックスエリアです。ソファー、テーブル、テレビといった、一般的な内容でした。



端にも、このようなソファーがありました。ソファーのすぐ横にテーブルがあるので、パソコンなどはこちらのほうが利用しやすいかもしれません。個室ではありませんが、端にあるので少しプライベート感もありました。



仮眠用ベッドはありませんでしたが、このような、何とか横になれそうなソファーがありました。



パソコンルームの様子です。個別のパソコンデスクが10箇所前後ありました。



パソコンルームには、プリンターも用意されていました。



「搭乗時間ご案内のアナウンスは行っておりません」という日本語の注意書きがありました。日本人のビジネスクラス客が多いことがわかります。



無料Wifiも利用できました。パスワードも記載されていました。



小さいですがショップもラウンジ内にありました。



キッズルームもありました。

評価も高いタイ国際航空のラウンジ



壁には、今まで表彰された賞の表彰状みたいのが飾られていました。



そのうちの1つには、2007年度のベストファーストクラスラウンジと書かれていました。どうやら、今回私が利用したロイヤルシルクラウンジはビジネスクラスラウンジなので関係ないようです(悲)。



夜9時を過ぎると、一気にラウンジが込み始めました。世の中、純粋なビジネスクラス利用者がこんなにいるのですね。私のような特典によるなんちゃってビジネスクラス客は何人いるのでしょうか(笑)。

以上、タイ国際航空・ロイヤルシルクラウンジの施設をレポートいたしました。

次の旅行記では、タイ国際航空・ロイヤルシルクラウンジの食事をレポートいたします


関連ページ:
海外旅行保険を永年無料にして、長期的に数万円節約する方法





>旅行記の一覧へ

↑ページのトップへ

>マイルで得得のトップへ


※このページの情報は2011年04月現在のもので、予告なしに変更されることがあります。