マイルで得得 > 裏技 > LCCの国内線でマイルを貯める裏技


LCC(格安航空会社)の国内線でマイルを貯める裏技


目次 (このページの内容)



ほとんどのLCCでは、マイレージを貯められない


航空業界では主に、

・ANAやJALのような、フルサービスを提供するメジャーキャリア(フルサービスエアライン)

・サービスを簡素化して、運賃を安くするLCC(格安航空会社)

の2種類に分かれます。

日本国内線も同じで、ANAとJALなどはフルサービスエアライン、ジェットスター、ピーチ航空、、春秋航空日本(スプリングジャパン)などは格安航空会社になります。

また、格安航空会社ほどではないが、大手より少し安め運賃を提供するスカイマーク、スターフライヤー、ソラシドエア、エアドゥ、フジドリームエアラインズ(FDA)などの新興航空会社があります。

日本国内線でマイルを貯めるとなると、例外を除き、ANAやJALなどのメジャーキャリアに限定されるのが一般的です

ジェットスターは、株主であるカンタス航空などのマイルを貯められる例外はありますが、ピーチ、スカイマーク、FDAなどは、いわゆるマイレージプログラムを運営していません。


↑目次へ戻る↑


デルタ航空のマイルなら、日本国内線の全LCCでもマイルが貯まる!


「安い格安航空会社(または新興航空会社)だから、マイルを貯められなくても仕方ない」とあきらめる必要はありません。

実は、アメリカのデルタ航空のマイルに限定されますが、日本国内線のLCCに乗っても、マイルを貯める方法があるのです

その方法とは、デルタ航空のマイレージプログラム「スカイマイル」が実施している

ニッポン500マイルキャンペーン

というキャンペーンを利用する方法です。

このニッポン500マイルキャンペーンとは、

「航空会社、路線、運賃に関係なく、搭乗券をメールすれば、日本国内の全ての便を対象に、搭乗券1枚ごとに500マイル付与します」

というキャンペーンです。

つまり、航空会社に関係なく500マイルがもらえるので、ANAやJALに加えて、ジェットスター、ピーチ、スプリングジャパン、スカイマーク、AIRDOなども対象になるということです。

ということは、LCCでも片道500マイル(往復なら1,000マイル)も貯められることになります

うれしいことに、これは片道1,000〜3,000円で乗れるキャンペーン運賃で乗った場合も、搭乗券1枚につき500マイルが加算されます。とても太っ腹なキャンペーンです

大手航空会社からLCCまで、ニッポン500マイルキャンペーンの対象になる、日本国内の航空会社は以下の通りです。

・ANA
 (ANAウィングスなど子会社含む)
・JAL
 (JTA/RACなど子会社含む)
・スカイマーク
・AIRDO
・ソラシドエア
・スターフライヤー
・IBEXエアラインズ
・オリエンタルエアブリッジ
・フジドリームエアラインズ
・天草エアライン
・エアアジアジャパン
・ジェットスター航空
・ピーチ航空
・スプリングジャパン
・新中央航空(東京離島行き)


↑目次へ戻る↑


通常のフライトマイルに加えて、1往復1000マイル獲得できる


中には、

「国内線に乗る時は、ANA/JALのマイルを貯めているから、デルタ航空のニッポン500マイルキャンペーンは関係ない」

と思われる方もいるかもしれません。

ANAやJALなどの通常のフライトマイルを貯めていても、デルタ航空の「ニッポン500マイルキャンペーン」で、別途デルタ航空の1,000マイル(1往復につき)獲得できるのです

例えば、ANA国内線に乗って、いつも通りANAマイレージクラブにマイルを加算すると同時に、1往復につきデルタ航空1,000マイルを追加で貯めることができます。

JAL国内線に乗って、通常通りJALマイレージバンクにマイルを貯めると同時に、1往復につきデルタ航空1,000マイルを別途貯めることができます。

エアドゥのDOマイル、スターフライヤーのスターリンク、ソラシドエアのスマイルクラブ等でも同じことが可能です。

ANA、JAL、エアドゥ、スターフライヤー、ソラシドエア、ジェットスターなど、通常のフライトマイルを貯められる航空会社の場合、

通常のフライトマイル

デルタ航空のマイル

とダブルで貯められるわけです。


↑目次へ戻る↑



貯められるのは、最大10,000マイルまで。デルタ航空のマイルは有効期限なし!


デルタ航空の「ニッポン500マイルキャンペーン」ですが、1つのルールが、

「2020年4月〜2021年1月末の間に、最大10,000マイル(20区間分・10往復分)まで獲得可能」

ということです。

(※このキャンペーンは、2011年から継続して行われているので、2021年2月以降も継続される可能性が高いです)

例えば、たくさん国内線に乗って、デルタ航空にたくさんの搭乗券をメールしても、21枚目から500マイルは加算されません。

ただし、LCCの国内線だけで、年間に最大10,000マイル貯めることは、思った以上にすごいことなので、10,000マイル貯められるだけでも感謝すべきです

ちなみに、ANAマイレージクラブやJALマイレージバンクのマイルと違い、デルタ航空のマイルには有効期限がないので、このキャンペーンで貯めたデルタ航空のマイルが、3年後に失効してしまう心配がないのも嬉しいポイントです


↑目次へ戻る↑


使い方・その1
「JTB国内旅行券」


日本国内線のLCC・新興航空会社でマイルを貯められる「ニッポン500マイルキャンペーン」ですが、中には、

「デルタ航空はアメリカの航空会社だから、貯まったデルタ航空のマイルでは、アメリカへの特典航空券(無料航空券)にしか交換できないのでは?」

と思われるかもしれません。

しかし、デルタ航空は日本在住の会員のために、貯まったマイルを日本国内で使える方法を用意してくれています。その1つ目が、

「JTB国内ツアー用の旅行券」


です。

必要なマイル数は

10,000マイル

10,000円分の旅行券

です。

例えば、スカイマーク、ジェットスター、ピーチなどの搭乗券をコツコツとデルタ航空にメールして、デルタ航空のマイルが1万マイルに達したら、1万円分のJTB旅行券に交換することができます。

この旅行券は、JTB国内ツアーの支払いに使えるので、札幌や沖縄への飛行機利用のツアーはもちろん、京都への新幹線ツアーや、東京などの都市でのホテル宿泊や、温泉旅館の宿泊にも使うことができます。

新幹線+ホテルというように交通手段と宿泊施設がセットになったツアーだけでなく、ホテルや温泉旅館の宿泊料金だけに旅行券を使うこともできます。

このように、日本国内線で貯めたデルタ航空マイルは、JTBの旅行券に交換できるため、アメリカの航空会社とはいえ、デルタ航空のマイルは日本国内で貯めて、日本国内で使える日本人には便利なマイルになっています

関連ページ:
デルタ航空・スカイマイル、JTB旅行券特典の徹底ガイド

↑目次へ戻る↑



使い方・その2
「スカイマーク特典航空券」


上記の「JTB国内旅行券」以外にも、デルタ航空のマイルを使って、スカイマークの特典航空券(無料航空券)を予約することができます

ANAやJALに比べると、スカイマークの路線網は小さいですが、それでも日本国内線にマイルを使えるメリットは大きいです。

必要マイル数は路線により異なりますが、1往復で15,000〜20,000マイルになります。半分のマイル数で片道だけの利用はできません。

JTBのツアーより航空券のほうが使い勝手がいいという方は、スカイマーク特典航空券のほうが向いています。

ただし、一旦予約すると、後からの変更・キャンセルは一切できないので注意が必要です。

関連ページ:
デルタ航空・スカイマイル、スカイマーク特典航空券の徹底ガイド

↑目次へ戻る↑


ニッポン500マイルキャンペーンでマイルを貯めるには、提携クレジットカードを持っていることが条件


国内の全ての航空会社で貯められる、デルタ航空のニッポン500マイルキャンペーンですが、キャンペーンを利用するには1つの条件があります。その条件とは、

「デルタ航空の上級会員であること」

または

「デルタ航空の提携クレジットカードを保有していること」


になります。

上のどちらかの条件をクリアしている必要があります。両方をクリアする必要はありません。

ほとんどの方は、デルタ航空の上級会員でないと思われるため、もう1つの条件である、デルタ航空の提携クレジットカード入会が手っ取り早くおすすめです


↑目次へ戻る↑


おすすめは年会費が1番安い提携クレジットカード


それでは、どの提携クレジットカードがいいのでしょうか。

デルタ航空のマイルを、スカイマーク国内線航空券またはJTB国内旅行券に交換するのが第一目的であるならば、年会費が一番低い提携クレジットカードを選ぶべきです

現在、デルタ航空・スカイマイルの提携クレジットカードは多数ありますが、年会費にもかなり差があります。以下、スカイマイル提携クレジットカードのカード別年会費になります。

クレジットカード名 年会費
(税別)
デルタ スカイマイル
SuMi TRUST CLUB
プラチナVISAカード
40,000円
デルタ スカイマイル
ダイナースクラブカード
28,000円
デルタ スカイマイル
アメリカン・エキスプレス
ゴールド・カード
26,000円
デルタ スカイマイル
SuMi TRUST CLUB
ゴールドVISAカード
18,000円
デルタ スカイマイル
JCBゴールドカード
18,000円
デルタ スカイマイル
アメリカン・エキスプレス
カード
12,000円
デルタ スカイマイル
JCB一般カード
10,000円
デルタ スカイマイル
JCBテイクオフカード
2,500円


現在、上記8枚のスカイマイル提携クレジットカードのうち、一番年会費が安いのは、

デルタ スカイマイル JCBテイクオフカード

で、年会費はたったの2,500円(税別)になります

ちなみに、年会費が安いのも魅力ですが、今なら、初年度年会費が無料になるキャンペーンが実施されています

このキャンペーンで1フライト500マイル獲得するには、搭乗日に既に上記提携クレジットカードを保有しているのが条件になります。カード入会には少なくとも1週間はかかりますので、国内線に乗る予定のある方は、すぐデルタ スカイマイル JCBテイクオフカードに入会されることをおすすめします。


↑目次へ戻る↑


詳しい手順


その1
デルタ航空・スカイマイルに入会する

●入会済みの方はスキップ

入会ページのリンクはこちら



その2
デルタ スカイマイル JCBテイクオフカードに入会する

今なら、初年度年会費が無料になるキャンペーン実施中

●ニッポン500マイルキャンペーンに参加するには、デルタ航空の提携クレジットカードを保有していることが条件になります

●上記のデルタ スカイマイル JCBテイクオフカードは、提携クレジットカードの中で、2,500円(税別)と1番年会費が安いです

1フライト500マイル獲得するには、搭乗日に既に上記提携クレジットカードを保有しているのが条件になります。カード入会には少なくとも1週間はかかりますので、国内線に乗る予定のある方は、すぐに入会されることをおすすめします




その3

LCCを含む、日本国内線に乗る

●ANA、JALのほか、スカイマーク、ジェットスタージャパン、ピーチ、春秋航空、AIRDO、ソラシドエア、フジドリームエアラインズ、IBEXなど、日本国内で飛んでいる、全ての航空会社・路線が対象



その4
デルタ航空の「ニッポン500マイルキャンペーン」を利用して、搭乗券などをメールする

●キャンペーン申請フォーム、搭乗券の写真を撮り、写真を添付してメールします(昔のFAX方式からメール方式に変更されています)

●各航空会社では、デルタ航空のマイル加算の対応はしてくれません



その5
ニッポン500マイルキャンペーンでマイルを貯めると同時に、
デルタ スカイマイル JCBテイクオフカード
もショッピング等で利用して、1万マイルを目指す

●このカードは100円1マイル貯まります

●年会費が安いカードだと、100円で0.5マイルしか貯まらないカードが多いことを考えると、このカードはコスパがいいほうになります

●日々の買い物でこのカードを使えば、1万マイルに達するペースが速くなります




その6
デルタ航空のマイルを
1万マイル以上貯める

●1万マイルをJTB国内旅行券1万円分に交換可能

●15,000マイル貯めればスカイマーク国内線の航空券にも交換可能



その7
デルタ航空マイルを
スカイマーク国内線航空券
または
JTB国内旅行券に交換する

スカイマーク国内線無料航空券の詳細はこちら

JTB国内旅行券の詳細はこちら



その8
JTB国内旅行券は
申し込みから4〜6週間後、
自宅にJTB国内旅行券が届く。
or
スカイマーク国内線航空券の場合は
Eメールで航空券控えが届く。

●JTB国内旅行券は簡易郵便で届くため、直接配達員から受け取る必要があります。直接ポストへは入れません。


↑目次へ戻る↑


> マイルで得得・トップページへ

※ このページの情報は、予告なしに変更されることがあります。