マイルで得得 > ニュース・キャンペーン一覧 > ダイナースクラブ・リワードポイント > この記事



2018年 12月20日まで

ダイナースクラブカード:
ANAマイルへの年間移行マイル数上限を、8万マイルから4万マイルへ引き下げ


クレジットカードのダイナースクラブカードでは、貯めたポイントをANAマイルへ交換できる上限が改悪されます。

詳細は以下の通りです。

●変更日
2018年12月21日

できるだけ多くのポイントをANAマイルに交換したい場合は、2018年12月20日までにポイントの移行手続きをする必要があります。

●対象のクレジットカード
ダイナースクラブカード
を含む、ダイナースクラブカードのリワードポイントが貯まるカード

(デルタ航空やユナイテッド航空のマイルなど、リワードポイントが貯まらないダイナースクラブカードは対象外


●対象のマイレージ
ANAマイレージクラブ

ポイントをユナイテッド航空、デルタ航空、大韓航空、アリタリア航空のマイルに移行する場合、今回の変更は関係ありません。

●新しいマイルへの移行上限
2018年12月20日手続き分まで
→ 年間80,000マイル

2018年12月21日手続き分から
→ 年間40,000マイル


2018年12月21日からは、ダイナースクラブカードのポイントがたくさんあっても、年間にANAの4万マイルまでしか移行できなくなります。

一気にANAの8万マイルまで移行したい場合は、2018年12月20日までに手続きをする必要があります。手続き自体が12月20日までであれば、ANAの口座にマイルが反映されるのは12月21日以降でも大丈夫です。

プレスリリース:
[重要なお知らせ] ダイナースクラブの一部サービス改定のご案内

ちなみに、同じダイナースでも、ANAダイナースクラブカードなら、ポイントのANAマイルへの年間移行上限はありません。例えば、14万ポイント貯めて、一気にANAの14万マイルに移行できます。

将来、大量のポイントを一気にANAマイルに移行するスタイルで貯めていきたい方は、ANAダイナースクラブカードに切り替えるのも選択肢の1つです。

ただし、長期間ANAダイナースクラブカードで貯めていくスタイルだと、将来ANAマイレージクラブで特典航空券の必要マイル数が引き上げられてしまうと、ほとんど対策出来ないリスクもあります。

「長期間かけて多くのポイントを貯めていき、将来一気にANAの4万マイル以上(例えば7万マイル)に交換したい」

「でも将来、ANAマイレージクラブの必要マイル数が改悪されるリスクもあるから、ポイントを他の航空会社マイルにも移行できるほうが安心」


という方は、「スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード」が向いています。

このカードなら、たくさん貯めたポイントを、年間の上限を気にせず、好きなだけANAマイルに交換することができます。しかも、うまく交換すれば100円で1.25マイル貯められるカードになります


> ダイナースクラブカード・リワードポイントの最新情報・一覧へ

> サイトマップ(コンテンツ一覧)へ

> マイルで得得・トップページへ

※ このページの情報は2018年09月現在のもので、予告なしに変更されることがあります。