マイルで得得 > エアライン大辞典 > ルフトハンザ航空 > 搭乗記・ビジネスクラス


ルフトハンザ航空
(2015年4月)
(現在も、内容はほぼ同じ)

ルフトハンザ航空
ビジネスクラス
搭乗記/レポート
(機種:A340)


※ このページでは、ルフトハンザ航空・A340・ビジネスクラスの様子・詳細を掲載しています。

※このページで掲載している搭乗記は機種A340ですが、A350、B747でも、シートの様子は基本的に同じになります





このページの目次




機種・路線


乗った機種・路線は、以下の通りです。

↓機種
エアバス
A340
↓路線
名古屋~フランクフルト


ルフトハンザ航空は、このページで紹介しているA340を、名古屋~フランクフルト線などで運航しています。

羽田・大阪路線ではA350やB747などになることもありますが、配列や座席数などを除けば、基本的にシートの様子は同じになります。

ルフトハンザ航空 エアバスA340-300型機

ゲートに駐機しているルフトハンザ航空の340型機です。


↑目次へ戻る↑



シートマップ・避けるべき席


ルフトハンザ航空・ビジネスクラスの、シートマップ・避けるべき座席番号に関してです。

↓シートの配列
A340-300
2-2-2

A350
2-2-2

B747
2-2-2
↓避けるべき座席番号
特別に避けるべき座席はなし


ルフトハンザ航空 ビジネスクラス A340 シートマップ

Seatguru.com から引用した、A340-300のシートマップです。避けるべきシートは赤色で表示されますが、赤色の座席はありません。

ルフトハンザ航空 ビジネスクラス A350 シートマップ

Seatguru.com から引用した、A350のシートマップです。避けるべきシートは赤色で表示されますが、赤色の座席はありません。

ルフトハンザ航空 ビジネスクラス B747-8 シートマップ

Seatguru.com から引用した、B747-8のシートマップです。避けるべきシートは赤色で表示されますが、赤色の座席はありません。

黄色い座席は、トイレやギャレーから近いため、音が少し気になるかもしれない、という理由で黄色になっています。

↑目次へ戻る↑



機内の様子・雰囲気


ルフトハンザ航空・ビジネスクラスの、機内の様子・全体の雰囲気です。

ルフトハンザ航空 ビジネスクラス キャビンの様子

ビジネスクラス全体の様子です。座席の配列は2~2~2です。

ルフトハンザ航空 ビジネスクラス 前方の雰囲気

座っている状態で、前方を見た感じです。

ルフトハンザ航空 ビジネスクラス 後方の雰囲気

前方から後方を向いた様子です。ルフトハンザのロゴが目立ちカッコイイです。


↑目次へ戻る↑



座席のタイプ・リクライニング角度


ルフトハンザ航空・ビジネスクラスの、座席のタイプ・リクライニング角度に関してです。

↓座席のタイプ
通常
↓リクライニング角度
180度
(フルフラット)
↓通路へのアクセス
窓側の席からは、直接通路へ出れない


ルフトハンザ航空 ビジネスクラス リクライニング用ボタン

シートリクライニングの操作ボタンです。比較的シンプルなデザインです。

ルフトハンザ航空 ビジネスクラス シート倒す前

シートを倒す前の様子です。

ルフトハンザ航空 ビジネスクラス フットレスト上げた状態

少しだけリクライニングをして、フットレストを上げた状態です。読書や映画鑑賞などの時にいいかもしれません。

ルフトハンザ航空 ビジネスクラス フルフラット状態

最後までリクライニングして、フルフラット(完全に水平)にした状態です。

ルフトハンザ航空 ビジネスクラス 完全に水平な状態

フルフラットの状態で、後ろから前方を見た様子です。足元に行くほど幅が狭くなるのがわかります。

ルフトハンザ航空 ビジネスクラス フルフラット時の足元

フルフラット時の、足元の様子です。足元の幅が狭いので、そのスペースに合わせて足を伸ばす必要があります。

ルフトハンザ航空 ビジネスクラス 横から見たシート

シートを横から見た様子です。

ルフトハンザ航空 ビジネスクラス 横から見たシート

テレビ鑑賞中は、このようにリクライニングは少しだけ倒して、フットレストは完全に上げるパターンが多いようです。


↑目次へ戻る↑



テーブル・ドリンクホルダー・収納


ルフトハンザ航空・ビジネスクラスの、テーブル・ドリンクホルダー・収納についてです。

ルフトハンザ航空 ビジネスクラス サイドテーブル

サイドテーブルです。ドリンク類を置けるだけの小さなスペースです。

ルフトハンザ航空 ビジネスクラス テーブル

テーブルはアームレストのところに収納されています。

ルフトハンザ航空 ビジネスクラス 小物置きスペース

テレビの斜め下に、ちょっと物を置けるスペースがあります。ただし、シートをフルフラットにした時、このスペースに足先がくるので、足を伸ばしたいのであれば、この場所に物を置いておくと邪魔になります。

ルフトハンザ航空 ビジネスクラス 引き出し収納

シート前方の下のほうに、このような引き出しタイプの収納スペースがあります。




アームレストあたりにも、ヘッドホンなどちょっとした小物を置けるスペースがあります。


↑目次へ戻る↑



電源・充電・コンセント・USB


ルフトハンザ航空・ビジネスクラスの、電源・コンセントに関してです。

↓コンセントの数
↓USB電源の数
1


ルフトハンザ航空 ビジネスクラス コンセント

サイドテーブル下のあたりに電源があります。


↑目次へ戻る↑


テレビ・ヘッドフォン


ルフトハンザ航空・ビジネスクラスの、テレビ・ヘッドホンに関してです。

ルフトハンザ航空 ビジネスクラス モニター

パーソナルモニターです。ビジネスクラスにしては普通のサイズでしょうか。

ルフトハンザ航空 ビジネスクラス ヘッドホンはボーズ社製

ヘッドホンです。ボーズ社なので、品質が良いのは言うまでもないです。

↑目次へ戻る↑



機内エンターテイメント・チャンネル


ルフトハンザ航空・ビジネスクラスの、機内エンターテイメント・チャンネルに関してです。

ルフトハンザ航空 ビジネスクラス エンタメのメニュー画面

エンターテイメントシステムのメインメニューです。メニュー言語には日本語があります。映画、ゲーム、音楽など、一般的な内容です。

ルフトハンザ航空 ビジネスクラス フライトマップ

フライトマップです。

ルフトハンザ航空 ビジネスクラス フライト情報

とてもリアルなフライトマップです。

↑目次へ戻る↑



毛布・枕・スリッパ


ルフトハンザ航空・ビジネスクラスの、毛布・枕・スリッパに関してです。

↓毛布
〇 あり
↓枕
〇 あり
↓スリッパ
〇 あり


ルフトハンザ航空 ビジネスクラス 毛布

毛布です。ビジネスクラスにしては普通のサイズ・質でしょうか。

ルフトハンザ航空 ビジネスクラス 枕

枕です。

ルフトハンザ航空 ビジネスクラス スリッパ

スリッパです。


↑目次へ戻る↑



アメニティ・セット


ルフトハンザ航空・ビジネスクラスの、アメニティグッズに関してです。

ルフトハンザ航空 ビジネスクラス アメニティポーチはサムソナイト

アメニティセットです。ポーチには「Samsonite」(サムソナイト)と書かれています。主にスーツケースで有名なブランドです(アメニティセットのブランドは不定期に変更されます)。

ルフトハンザ航空 ビジネスクラス アメニティグッズ中身

アメニティグッズの中身です。歯ブラシセット、アイマスク、耳栓、リップクリーム、靴下など、一般的な内容です。


↑目次へ戻る↑



WIFI・インターネット


ルフトハンザ航空・ビジネスクラスの、WIFI・インターネットに関してです。

↓WIFI
あり
↓料金
日本路線の場合

1時間
9ユーロ or
3,000マイル

4時間
14ユーロ or
4,500マイル

時間制限なし
17ユーロ or
5,500マイル


ルフトハンザ航空・エアバスのA340、A350、B747には、WiFiが搭載されています。WIFI料金はルフトハンザ航空の公式サイトでご確認ください。

クレジットカード払いのほか、Miles&Moreのマイルでも支払うことが可能です。有効期限が近い数千マイルだけ残っている場合に便利です。


↑目次へ戻る↑



客室乗務員/CAの態度・接客


ルフトハンザ航空・ビジネスクラスの、客室乗務員の態度・接客に関してです。

↓ドイツ人・乗務員の接客
親切
↓日本人・乗務員の接客
普通~親切


ルフトハンザ航空 ビジネスクラス 客室乗務員

接客をしている客室乗務員です。男性のCAも数人見かけました。

日本語を話せるドイツ人CAは少ないようですが、言葉の壁など関係なく、丁寧な接客でした。英語が1回で通じない場合、2回目はゆっくり話してくれるなど、安心できる対応です。

ビジネスクラスには日本人CAもいたのですが、ANAやJALと比べると、少し物足りない部分もありましたが、気分が悪くなる接客ではありません。外資系航空会社で自分一人だけ「おもてなし」接客をするのは難しいのかもしれません。


(※ 客室乗務員の態度は、今回搭乗したフライトでの評価です。フライトによっては、親切な乗務員もいますし、とても態度の悪い乗務員もいます)


↑目次へ戻る↑



まとめ・感想


ルフトハンザ航空・ビジネスクラスの、メリット・デメリットは、以下の通りです。

良かった点

・リクライニング角度は180度(フルフラット)

・ヘッドフォンはボーズ社

・ドイツ人CAの接客はいいほう


残念な点

・窓側の席からは直接通路へアクセスできない

・フルフラット時、足元の幅が狭い


以上、ルフトハンザ航空・ビジネスクラスの搭乗記でした。





↑目次へ戻る↑

> ルフトハンザ航空・徹底ガイドへ